山形スタディーツアー について

【山形スタディツアーとは】
東京外国語大学では、日本の地方の魅力を海外に発信し、良質なインバウンドを推進するための取組として、2018年度から、夏学期と冬学期それぞれ8日間のスタディツアーを山形県で実施することになりました。

この取組の目的は、2つあります。

一つは、地方創生という社会への貢献です。日本の各地で起きている少子高齢化による地方産業の後継者不足、「観光立国」といわれるにも関わらず、訪れる側も受け入れる側もお互いに十分な理解のないまま、日本の表面的な文化や景観を「観光」させる現状の問題、等々、地方が抱えている問題を、東京外国語大学が特色として持つ海外の諸地域への理解力や外国人留学生の視点を取り入れ、解決に向かう糸口を見いだすのに貢献できないかという意識です。

二つめは、人材育成です。国際的な視点と教養を基礎として世界で活躍する若い人材を育成するためには、自分たちが拠ってたつ日本社会の構造的な問題を理解し、問題解決の道筋を考える姿勢と思考力を身につけることが必要だと考えます。日本人学生と留学生とがともに日本社会の問題を見つめなおし、現地でともに考えることで、お互いに成長していくことをめざしています。

こうした目的のために、山形県の4つの自治体(寒河江市・白鷹町・高畠町・飯豊町)と連携協定を締結し、夏学期と冬学期にスタディツアーを実施することになりました。

このブログは、山形スタディツアーで学生たちが得た知見や発見した地域の魅力を集大成したものです。

なお、このスタディツアーは、東京外国語大学「世界教養プログラム」で授業として実施されるものです。

content_3b8aa19617e4928c9c2c8914c8f00f3b55645740
東京外国語大学モニュメント

■ 事前学習
山形県東京事務所の協力で山形県に関する知識を教授していただき、JTBグローバルマーケティング&トラベルの協力のもとインバウンドの現状と問題点、JETROの協力で日本企業の海外進出に関する講義を受け、内閣官房「まち・ひと・しごと創生本部」からご出講いただき、現在政府により推進されている地方創生政策とはどのようなものかを学んだ上で、果たして地域活性化は「観光」でなし遂げられるものなのか、地域の方々のためになる「観光」とはどのようなものか、という問題意識をもちながら、理念と目標を踏まえたスタディツアーとなるよう事前学習を行いました。

■ 寒河江市での学びと実践
・ブルーベリーや夏野菜の収穫
・修験道の聖地として知られる葉山の登山道整備
・観光物産施設での実習
・地域の観光資源の調査と提言

■ 白鷹町での学びと実践
・紅花摘み/紅餅づくり他農業実習
・手工芸(焼き物、養蚕染織)を通じた地域活性化の支援
・和菓子製造
・観光資源の発掘と発信

■ 高畠町での学びと実践
・町内の食品加工製造企業(食肉加工、果物加工)の輸出促進提案

JETRO協力ワーク
・昭和縁結び通り商店街活性化に向けた提案
・観光協会での実習
・SNS等を通じた魅力発信
■ 事後学習
・個人レポートを作成し、実践と学びの振返りをしました。

■成果の還元

・スタディツア-最終日に、地元でそれぞれ報告会を開催しました。

・報告した成果をブログにまとめて公開します。

・寒河江市・白鷹町・高畠町での成果を、全体報告会として10月3日に大学で開催し、学びの成果を共有しました。

■今後の予定

2019年2月18日~25日 山形県飯豊町で冬のスタディツアーを実施し、雪まつりのお手伝いと、東京外国語大学ブースの運営。

content_b601211b67e58b70f9382559313a9061a5df9528
出発時の集合写真

お問合せ先
東京外国語大学山形スタディツアープロジェクト
Email:tufsyamagata[at]tufs.ac.jp([at]を@に変更して送信ください)
※お問い合わせの返信に時間がかかる場合があります。